人には不足があって良かった。

今私は教会にいます。

自分の人生を考えるといかに祝福されてきたのかを感謝しています。

しかしいつも私には不足がありました。

何故私が幸せにならないのだろうか?と

子供に恵まれ、良い仕事に恵まれ、食べていける環境にあることも

しかし、夫が与えられない、何度祈っても与えて貰えないのです。

たまにこう思います。

何故与えて下さらないのですか?と、、、

しかし人には不足があります。

全て満たされている人を見た事はありません

先日の人は子供が与えられなかった事

前回の人は結婚💒が出来ない事

仕事が与えられない事など悩みは様々です。

不足は何故必要なのでしょうか?

人は不足がある事で謙虚になれるのです。

そして不足の為に神に祈る事ができます。

弱さを喜ぶ事が出来るからです。

全てが満たされると人は傲慢になってしまいます。不足は神様からの愛だからです。

自分の力では解決が出来ない問題は沢山あります。不足から祈る事で神様の力を見ることが出来る様になるからです。

祈る時、やがたてその不足は必ず満たされて行くからです。

神は愛だからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

仲人 / 結婚プロデューサー。 "婿養子婚"・"DNA婚活"を提唱。 結婚を通じて良い社会を作りたい。 ”失敗しない結婚作り”を目指します! ■出演メディア BBC(英国放送) / ロイター通信 / Arte (アルテ) / France24 / NHK WORLD