婚活業界の実態について

婚活業界は正に終末を迎えています。

本当のお見合いは消滅している。
今は、名前だけがお見合いと言う屋号で、中味はマッチングアプリと何も変わらないのが現実なのです。

知らない人に知らない人を紹介して、後は自分たちでどうぞ〜と言う放ったらかし状況です。

婚活業界は正に終末を迎えています。

通常、人を紹介する場合、その人の信頼によって紹介された方を信用するのが正しい紹介方法です。
様変わりしたお見合い業界に未来は全く有りません。

私が始めた22年前に戻さなければ、

昔の仲人さんは、人のお世話好きがこうじて仲人になり、地元に携わる名士の方々の信頼の中で成り立っていました。
私は今でも自分の納得出来ない人を紹介はしないし、お見合いの数は🌿組まないです。よくよく考えて、この方ならば、と手作りで良く仲人とも組み合わせをしてきました。

今は、婚活業界は副業と言うビジネスになり、
独身のプラットフォームを200万で購入し、ビジネスをスタートさせます。

パソコン一台さえあれば、あなたも明日からブライダルアドバイザーに資格無しに誰でもなれるのです。

会員さんはお見合いをするたびに傷ついています。最初から全てが条件のみて、人柄は重要視されず、最初から同時に何名もの人と付き合っている。

お見合いに真面目に1対1で向き合わない。一流企業の男性には集中する。

どんな人も幸せになれる権利が神様から与えられている。
目に見える条件は明日壊れるかもしれないのに、、、、

今は人を信じられなくなり、多くの婚活している会員が落胆している。
恋愛な傷や裏切りが多発しているからです。

人は必ず誰でも幸せになれます。
決して条件では有りません。

25歳の独身がこのビジネスを手がけていたりする様な変な時代
人生経験は殆ど無い青年がパソコンを叩いて、仕事する。

プラットフォームを販売している業者はお金儲け主義で、会員の気持ちなんか全く考えていません。

今私は、日本で一番新しいやり方で婚活を進めてきています。
私の会員同士ならばお見合いをすることは 財閥や富裕層に対してはたまにやります。

しかし今は基本的には新方式で会員さんが安心、安全な出会いをさせて頂いています。DNAも用います。

結婚は一生を左右する人生における
重要な問題です。

余りにも軽い言葉になった婚活、そして危険をはらむアプリに対して、私は疑問をいつも感じています。

せめて、私の周りの人だけには本物の出会いを体験して欲しいと願がいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

仲人 / 結婚プロデューサー。 "婿養子婚"・"DNA婚活"を提唱。 結婚を通じて良い社会を作りたい。 ”失敗しない結婚作り”を目指します! ■出演メディア BBC(英国放送) / ロイター通信 / Arte (アルテ) / France24 / NHK WORLD